No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

[スポンサー広告]スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://xap.blog19.fc2.com/tb.php/23-f87f26e2
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

No. 23 (Fri)
dayline

Date 2005 ・ 08 ・ 26

[雑念]亡悼

いきなり、エントリ間隔が開いてしまった。

というのも、先週土曜から会社も休み、家にも居なかったからだ。

先週土曜。8月20日。
親父が亡くなった。
63才だった。

肝臓が悪くて、今月あたまから入院していたのは聞いていたが
死ぬとは思わなかった。
実際、実家の人間からも、徐々に回復していると聞いていただけに寝耳に水というか、とにかく驚いた。
何というか「呆然」という感じだ。
こちらで就職し結婚し家を持った時点で、「親の死に目には会えない」事については覚悟していたが、それを実感するのがこんなに早いとは思っていなかった。

実家に着き、遺体を見てもなんだか実感がなかった。
納棺の前に、遺体を拭き清め、白装束を着せてやっている時に
冷たくなった親父の手に触れ、初めて死んだということが判り、不意に涙が出てきた。
涙を止めようと、遺体から目を逸らそうとしても、実家のあちこちに親父の作ったものや飾ったものが置いてあり、それを見るたび生前の親父が思い出されて、暫く涙がとまらなかった。

告別式の後、やっとひと段落し家族で遅くまで話した。
家族揃って、あんなに話したのは久しぶりだった。
親父の最後の話が聞けたので良かった。
親父の生前のバカ話をして皆で笑った。

この家に生まれて良かったと本気で思った。
親父の子供で良かったと思う。
できれば、生きているうちに言いたかったが、多分そんな事は生きている親父には言えないだろう。

親父、今まで、ありがとう。


スポンサーサイト
雑念 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

亡悼 のトラックバックアドレス
http://xap.blog19.fc2.com/tb.php/23-f87f26e2
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。