No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

[スポンサー広告]スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://xap.blog19.fc2.com/tb.php/43-b4cd1f04
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

No. 43 (Mon)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 26

[雑念]子供を相手するのに必要なパワー公式

親父の四十九日ということで、また山形の実家に帰っていた。
今回は、俺と長男の2人での山形だったのだが、電車好きな長男は電車や新幹線に乗ってもおとなしくしているので大変助かる。

奥さんの方も、家で長女と留守番(?)だったわけだが、子供が1人だけだと非常に楽チンなようで、それなりにリフレッシュできたようだ。

そこで、ふと考えてみた。
子供1人を相手するパワーを1とすると、子供2人相手にする場合に必要なパワーは絶対に2では足りないんじゃないかと。
そういえば、初めて子供が出来た後、子供が存在する事の大変さ(体力的にも精神的にも)に呆然とした覚えがある。
「大人2人のときは、えらい楽だったんだねぇ」なんて事を奥さんとよく話したもんだ。
そんで、更に長女が産まれた後は、子供2人を面倒見る事の大変さにまたまた呆然としたものだ。
更に倍どころの話ではない。子供が1人ではやらない事を2人ならやりだす。大声をだしてはしゃいだり、喧嘩したり、泣き出したり。
まあ、この辺は2人目の性格にも拠ってくるとは思うが、体感的には5倍くらいパワーを消耗する感じだ。
「子供1人のときは、えらい楽だったんだねぇ」なんて事を性懲りもなく奥さんとよく話したもんだ。

というわけで、我が家の子供を相手するパワーの公式を考えてみたところ・・・

p = c+(1.5c(c-1))
(p:必要なパワー c:子供の数)

という数式が成り立つ事が判明。
で、これに当てはめてみると、もし子供が3人になったら必要なパワーは12!、更に4人にでもなれば22!!!
ガクガク((((;゚Д゚))))ブルブル

ということは、仮に15人程を相手する保育士のパワー値は
330!!!!(リミットブレイク!)

参考グラフグラフ


「連邦のMSはバケモノか!?」

スポンサーサイト
雑念 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

子供を相手するのに必要なパワー公式 のトラックバックアドレス
http://xap.blog19.fc2.com/tb.php/43-b4cd1f04
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。